FC2ブログ

RCSって何!?おいしいの?っていう人は、下記のURLか、バーナより訪問ください。
URL http://rcs27.com/



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気が向いたらクリックしてください。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

トゥットゥルー


どうもAmiです。

多分今回のは最後まで読んでもらえない気しかしないww

ニュートリノについては検証実験の結果を待って、詳しい原理は頭の良い人達に任せるとして、今度はブラックホールですよ…。

2008年にもLHCによる極小サイズのブラックホール生成実験は騒がれてましたよね。

確かそれに恐怖した女の子が自殺してしまう程だったはず。

でもトラブルが相次いで
結局ショボーン(´・ω・`)な感じだったっけね。

それで面白かったのはトラブルが相次いだ理由として、
LHCで発生させようとしたヒッグス粒子は、
その発生が時間を遡り阻止されるほどに自然界には受け入れ難いものであるから発生させんの無理なんだぜっていう説。

トンデモ臭がヘァンパ無い(笑)わけだけど、

でもエヴァレット解釈(多世界解釈)っていうのがあって、それを用いて説明するなら
ヒッグス粒子の発生が成功した世界はあり得ないので、成功した世界は選択に含まれないっていう。

だからこの世界は何らかの理由でヒッグス粒子生成に失敗しているから存在する世界ということになるみたいですね。

シュタゲ風に言うと、

「何っ!?ヒッグス粒子生成が成功しただと!?
…くっ、生成が成功していない世界線に変わる…!!
ふっ、これもシュタインズゲートの選択か…」

…みたいな感じだと面白いww

…って、ここまで来るとオカルトとかSFチックになっちゃうけども。


で、もう一つSFチックなことだけども。

Twitterにも書いたジョン・タイターの話。

2000年のアメリカのネット上に突如現れて、2036年からきた未来人だと。

確か1998年生まれとか言ってたし、今は14歳ということになるね。
自称"母親"の証言とかもあって、それはとても現実味を帯びたものだったみたい。

そのジョン・タイターなんだけども、「タイムトラベルの基礎固めはCERNが───…」ってやつね。
彼曰く、タイムマシンの一機目は34年に完成しているとか。

ニュートリノの観測に次いで極小サイズのブラックホール生成実験でしょ?
ブラックホールが使えれば光速超え、タイムトラベルが──っていう説があるわけで、
もうこれは"基礎固めはCERNが"の部分と考えて良いんじゃないかしらと。

で、ブラックホール生成により「世界がヤバイ!!」(笑)って私も思って若干怖かったんだけど、
素粒子レベルのブラックホールならホーキング放射とかも考えて
すぐ消滅するから大丈夫なのかなって。

つっても、仮に生成が成功したら数秒~数分は存在し続けるみたいだけど。

でも成長速度より消滅速度の方が速いから大丈夫だって、どっかの頭良い人が言ってらしたわ。

で、こんだけ書いておいてアレだけど…


やっぱり好きだけど分かんねwwwダメだ難しいよww
理屈は何となく分かるけど式とか書けないってww

頭良い人達頑張れwww

って感じです。

きっと世の中のシュタゲ好きは最近の物理ニュースにホイホイされていることでしょう。

ククク…私もその1人さ…
エル・プサイ・コングルゥ


なんつって
スポンサーサイト

気が向いたらクリックしてください。
19:20 | Ami | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
人類滅亡(笑) | top | タイもやばいがギリシアもやばい

comments

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://rcsgroup.blog59.fc2.com/tb.php/573-07dff230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。